小児てんかん発作の治療方法について

典型的なアカシジア発作は3Hz/sのスパイクですが.非典型的なものは2.5-3Hz/sのスパイクで.突然の目の凍りつきとして現れることがあ ります。 小児失語症発作が確認された場合.治療の第一選択としてエトスクシミドとバルプロ酸ナトリウムが推奨され.全身強直間代発作が発生した場合には.これを優先する。 しかし.思春期前の女児など一部の小児では.内分泌系や将来の生殖機能に影響を及ぼす危険性があるため.バルプロ酸ナトリウムはあまり推奨されません。また.バルプロ酸ナトリウムで肥満となり.エトスクシミドで治療すべき年長児がいることも理由です。 エトスクシミドとバルプロ酸ナトリウムが無効であるか.使用後にさらに重篤な副作用が発現するなど.どちらも適さない場合は.ラモトリギンを検討することがあります。 第一選択薬の2剤がいずれも有効でない場合は.エトスクシミド.バルプロ酸ナトリウム.ラモトリギンのうち2剤を選択するか.3剤併用も検討します。 それでも効果がない場合.あるいは重篤な副作用が出た場合は.クロバザムやクロナゼパム.レベチラセタム.トピラマートなどの適用を検討し.薬剤の選択の幅を広げる。

サポートしてください

議論

あなたの経験を共有したり、仲間の患者から助けを求めたりしてください。

他の言語

English Deutsch Français Español Português 日本語 Bahasa Indonesia Русский