歯列矯正の顔はどのようなものですか?



歯列矯正は臨床的には存在せず.頬骨の盛り上がりや頬のこけなどの特徴を歯列矯正と呼ぶのが通例である。

一般に言われる歯列矯正顔は.頬骨が盛り上がり.頬がこけ.顔の中心が比較的平らな状態を指す。

長い間歯列矯正をした結果.食べ物を噛む勇気がなかったり.長い間柔らかい食べ物を食べたり.歯列矯正をした後の悪い習慣.例えば.なで癖などがあり.噛む筋肉の運動不足で顔の筋肉が狭くなり.顔の脂肪が減少し.出っ歯が内側に引っ込み.矯正治療前の顔と比較すると.顔が平坦になる。

また.長い間歯がない.年寄りや病気.栄養失調の群衆も歯列矯正の顔の状況が現れます。

悪い習慣を改め.食べ物を多様化し.栄養のバランスをとり.矯正治療が終わった後.適度な咀嚼運動で顔の筋肉と脂肪の調整を改善することをお勧めします。

サポートしてください

上記のコンテンツがお役に立ちましたら、記事やウェブサイトを共有するために共有ボタンをクリックしてください。これは私たちにとって最大のサポートです。

議論

あなたの経験を共有したり、仲間の患者から助けを求めたりしてください。

他の言語

English Español Português 日本語 Deutsch Français Bahasa Indonesia Русский