頭痛の発症は、患者さん個人と関係しています。頭痛が起きても慌てる必要はない!頭痛持ちの人が注意すべきことは?

新たに発生した頭痛で.特に夜間に痛みで目が覚めるような頭痛を伴うもの。
元々頭痛の既往があるが.その程度.場所.性質が変化している。
発熱.または体の動きや感覚の障害など.その他の神経学的徴候を伴う。
全身性腫瘍.リウマチ性免疫疾患など.より重篤な全身疾患が元々あり.新たな頭痛を伴う場合など。
上記のいずれかが発生した場合.患者は速やかに神経科医または救急治療室に相談することをお勧めします。
神経性頭痛とはっきり診断された患者.特に片頭痛や緊張性頭痛の患者は.医学的なアドバイスに従うことに注意を払うこと:規則正しい生活を送り.軽い食事をし.特定された様々な誘発因子を避けること.など。

寄付

上記の内容がお役に立ちましたら、サポートのために寄付をご検討いただければ幸いです。どうもありがとうございます。

議論

あなたの経験を共有したり、仲間の患者から助けを求めたりしてください。

他の言語

English Español Português 日本語 Deutsch Français Bahasa Indonesia Русский